ビジネスに定着した透明封筒



      このエントリーをはてなブックマークに追加

透明封筒のさまざまなメリット

透明封筒は、業界ではOPP封筒やCPP封筒と呼ばれて取引されています。
透明封筒とはその名前の通りで透明をした封筒のことで、今では紙封筒に代わり様々な用途に便利に使用されるようになっていて、透明封筒を利用することにより多くのメリットを得られるようになっています。
OPP封筒という名前は、英語のOriented Polypropyleneを略したもので、日本語の正式名称は2軸延伸ポリプロピレンで、縦横方向に延伸して、透明なフィルム状にしたもののことです。
OPP封筒のフィルム自体は延伸しているので強度があって引っ張ってもほとんど伸びることはありませんが、封筒の形にするために接合されたフィルム箇所は裂けやすくなっているのがOPP封筒の特徴で、デメリットでもあります。
これに対してCPP封筒というのは、英語のCast Polypropyleneを略したもので、日本語では無延伸ポリプロピレンで、OPP封筒と見た目はほとんど一緒で強度があり、引っ張れば伸びるようになっていて、OPP封筒よりも接合部分は裂けにくいのが特徴となっています。
OPP封筒とCPP封筒を見分けるには、引っ張ってみればすぐに分かるようになっていて、CPP封筒の方が透明度では劣っていますが、専門家でなければその違いが分からい程度だと言われています。


高い耐熱性と防湿性

OPP封筒もCPP封筒も透明度が高く光沢に優れており、コシがあっていろいろな用途に使われているのが特徴です。
また耐熱性も高く、OPP封筒であれば130度、CPP封筒ならそれ以上の耐熱性を持っています。
また防湿性が高くて高湿度環境下でも安定して使用できますが、寒冷地では強度が落ちるのがデメリットとなります。


いろいろな用途

このように最近では透明封筒であるOPP封筒やCPP封筒が紙製の封筒に代わりいろいろな用途に使用されるようになっていますが、中には透明封筒には印刷ができないので使いづらいと考えている人もまだ多いようです。
しかし透明封筒には印刷はできるようになって、商品の中には片面は透明で、もう片面は白色をしていて、そこに文字などが書き込めるようになっているものも普通に販売されていて、また透明封筒には文字やデザインを印刷することができるばかりではなく、いろいろな色をそれ自体に入れることもできるようになっています。

関連お役立ち情報

●透明封筒の激安通販
郵送DM用のOPP封筒・OPP袋販売

ABOUT

運営者
オフィス用品通販比較ドットネット
免責事項
当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。